コラボは当たり外れが

『コミックアンソロジー1 狂乱家族日記
タイトルをご覧のとおりにアンソロジーであり、テーマとしては狂乱家族・
正直作品として面白かったのは元々の作者である日日日の一編だけであり、そこそこ楽しめたのは著作未読な田口仙年堂ぐらい。
こういうコラボ企画ってのは個々の資質がよくでるよなあ、とか思いつつも、まあ作風の好き嫌いはあるから仕方ないって気も。
さて、次はどのアンソロがくるだろう。
218冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)