3

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集3 目指せ!奇跡の大縁談』秋田みやび
ゲームなので仕方ないんだけれど、システム的にセッション数に比例してある程度のレベルアップは確約されているため、こつこつとヘッポコな冒険を繰り返していた彼らも気づけばレベル4。
小さな冒険者の宿ならばボチボチ主力的扱いをされてもおかしくない域に到達したこともあってか、事件の規模が一気に増大。
密猟組織を相手取り、デーモン・スレイヤーの余禄もつく一大決戦。
コメディレベルも順調に上がり続けるへっぽこーず、本領発揮はここからだ。
256冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)