へっぽこー

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集5 決めろ!最後の大逆転』秋田みやび
新生へっぽこーず最初の冒険・・・に加えて初代へっぽこーず最初の冒険も収録。
多少メンバーがかわったところで根底に流れるへっぽこ精神に代わりがあるはずも無く、結構な冒険者レベルを誇りつつも客観的には戦闘力以外の成長を魅せようとしないへっぽこーず。
このあたりから冒険の規模が一気に跳ね上がり、街のなんでも屋さん的ポジションから国家間の紛争防止のための英雄譚紛いの冒険を繰り広げることとなるわけである。
当然展開なんかは全部知ってるが、ひたすらに楽しむぞ。
258冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集6 賭けろ!世紀の大勝負』秋田みやび
久々の大型キャンペーンで、冬は雪に閉ざされる寒村に逗留。
ワイバーンを一刀両断してみたり模擬戦で生死判定してみたり竜司祭と戦ってみたりと、一つランクの上がった戦いを繰り広げるへっぽこーず。
一流冒険者に手が届きつつあるものの、やはり何かしらへっぽこな匂いを漂わせているところはご愛嬌ということで。
259冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集7 走れ!神秘の大森林』秋田みやび
何気にプチ英雄紛いの大活躍をこれまで続けてきたわれ等がへっぽこーず。
ついに国家よりお呼びがかかり、他国との国交に影響を与える一大ミッションを攻略することに。
一気に値上がりした報酬と責任問題。
ついでに出先の国で更なる国家間問題に関わってみたり貴族のお家事情に首を突っ込んでみたりと、アル意味実力に立場が追いついてきたというかなんというか。
260冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

『新ソード・ワールドRPGリプレイ集8 救え!かつての大親友』秋田みやび
いよいよクライマックス目前。
ぼちぼち他国の政策における眼の上のたんこぶとして認識されるようになったへっぽこーず。
そんなわけで、かつての仲間(の肉体)を相手取っての戦争開始。
人外の域に達したファリスの猛女として成長を果たしたメインウェポンを筆頭に、他国のテロ部隊とかモンスターレベル9の魔獣なんかをぶっ倒せ。
261冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆★)