いち

ソード・ワールド短編集 へっぽこ冒険者とイオドの宝』
“イオドの宝”と呼ばれる、実在するかもわからぬ謎の秘宝をテーマに、様々なリプレイ短編長編などのキャラがすれ違うというかリレーしあうというか。
敢えて読んだのはリプレイから飛び出た二作品だけであり、これまた相変わらずリプレイのノリをそのまま小説に持ち越してきたような面白さであり、特に文句も感想もないというか。
292冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)