やっぱ読み返そう

悪魔のミカタ666 6 ノットB 』うえお久光
ふと思えば5巻発売の丁度一年後の刊行みたいで、正直これまでの流れ殆ど忘却してる俺が。
とりあえず今回はノットBサイドの物語メインなので、よくわからないながらに何となく理解できたのだが、というかコウ自体の性格設定が初期と変わった、というか描き方が変わったせいか違和感バリバリ。
ただ、更に伏線が明かされた結果、ついに本気モード突入と言うか、全てを相手取ってやっていく決意を新たにしたコピー品であるはずのノットB側の盛り上がりが凄すぎて、オリジナルチームの皆様が雌伏したまま終わる羽目になるんじゃねーかと心配にすらなってきます。
47冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)