びみょー

シュヴァリエ冲方丁
物語の舞台に興味がないからか、アナグラムという概念が好きじゃないからか、冲方丁作品に珍しく殆ど楽しむことが出来なかった。
物語的盛り上がりとか緻密な伏線とかはそれなりにあったような気はするのだが、それに全然興味を示すことが出来なかったという感じで至極残念。
面白そうだとは思うのだけれども。
131冊目(☆☆☆☆☆☆☆)