吸血鬼の兄弟

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二』夢枕獏
夢枕獏恒例の作中作が登場。
50年ばかり前の楊貴妃時代の物語を本編に絡めまくりつつ、淡々と進行。
伏線的な事件は巻ノ一で語られているので、比較的順調に進む感じである。
さて、残り時間は1年足らずとなったが、いかにして彼は密教を我が物とするのだろう。
138冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)

BLACK BLOOD BROTHERS 11 賢者転生』 あざの耕平
史上最高のヴァンパイアサーガ完結。
一夜の聖戦、そしてその結末。
二人の兄弟から始まり二人の兄弟で終わりを迎えることとなる最高の物語だった。
途中はもう面白いとかいう感情を軽く超越し、ただただこの作品を読み続けていたいという思いに溢れていた。
いやもうホント、読破後とりあえず表紙を見返して、彼らに思いを馳せてください。
139冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆)シリーズ通算