『新・魔獣狩り1 鬼道編』夢枕獏
ついに本編再開。
これまで張り続けてきた伏線が、順調にさらに張り続けれる。
重要キャラっぽい奴があっけなく退場したり、唐突に最強クラスの新キャラが登場したりと、どこをどうきっても夢枕イズム全開。
九門が出るたびに紹介される樹木の思い云々とか毒島さんの自画自賛シーンなんかを破棄すれば明らかに連載ペースも速くなるとおもうのだけれども、そこのところどうなんだろうか。
ともかく、こっからが本番である。
173冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

『新・魔獣狩り2 孔雀編』夢枕獏
停滞するかと思いきや、凄い勢いで物語は動く。
主要キャラの再開やら初対面やら人外的な戦いやらと見所充分。
珍しく新キャラは出ないし新しい設定も然程出なかったため、これまでの伏線を順調に深めることに徹した感じ。
このシリーズの主要キャラは登場時点から基本的に主義主張を変えることは無いため、安定した感じで楽しめる。
もっとも唯一人間的な情動を抱え込んだ文成だけは別の話だが。
174冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)