きの

学園キノ3』時雨沢恵一
相変わらずパロディ満載、作者のノリだけで描かれてる割に緻密といえば緻密であり、決して手抜き作品ではないということだけは凄く伝わってくるものの原作無視という意味では完全に無視してる、しかし公式設定上の物語なので誰に文句をつけることもできないし、それにつける必要もないと思う。
三巻、話数にして6話になったので、色々決まりごともできているが、個性的且つ超魅力的な新キャラ登場に伴い、非常にテンポ良く物語が展開。
過去読んだ学園キノ史上最も面白かった。
185冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)