長点短所共にパワーアップ

ロウきゅーぶ!2』蒼山ツカサ
あっとまに多少の時間が流れ、一巻ラストの公約が達成される。
小学生達との再会、そして新たな目標に向けての活動再開。
今回は前回と違い不条理な壁をぶち倒すための戦いではなく、互いを知りすぎるが故に勃発した根の深い男女間の喧嘩の仲裁と、血気盛んな奴らのための球技大会戦に向けての合宿がテーマ。
相変わらず狙いすぎてて薄ら寒さすら感じてくる微妙すぎるロリコン描写が邪魔だが、シナリオ自体の熱さと少年少女の心情を表現する様は素晴らしく面白い。
つうか、本気で表紙とか口絵とかの選定をどうにかして欲しいのだが、これは少数意見なんだろうか。
190冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)