ねこみみもーど!

『猫耳父さん』松原真琴
10年以上生を共にした飼い猫の臨終を看取った翌日、唐突に猫耳と猫尻尾が生えてきた38歳エロ漫画家なお父さんの受難。とみせかけて捻くれてるものの確り親父を尊敬する愛娘とカラリといい気性の妹や理解のある編集に恵まれた中年親父の結構幸せっぽい日常を見せ付けられるという一面もあったり。微妙に細かいオタネタがそこそこ散らばってたり、妙に現実感溢れるやり取りがあったりと面白さも上々。ついでに、ショートながらも起承転結しっかりさせてる良作も同時収録。中々楽しめた。
191冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)