時間商人

『時間商人 不老不死、売ります』水市恵
寿命十年或いは大金と引き換えに10年間の不老不死を人に与える時間商人と、その顧客にまつわるいくつかの物語。
不老不死ってのは歴史上色んな奴らが憧れつつ欲しまくり、結果として得られた者なんざいない概念の一つであるものの、こういう風に10年限定とか期限付きの不老不死ならいいかもなーと思ったりもする。でもまあついでに残りの寿命も知りたいような、知りたくないような。人生なんざ生まれた瞬間から突然死上等な物語でしかないし。
みたいなことをグダグダ考えたくなるほどには没頭できたし面白かったので、続きいってみようか。
200冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)