そして復活の

マリア様がみてる リトル ホラーズ』今野緒雪
卒業式から一気に時間を経て、最新時間軸としては裕巳が3年に進級してから一ヶ月近く経った時の話。とはいえ短編集、しかも番外編的作品ばかり収録しているため、書き下ろし分のところだけが唯一その時間なんだけれど。
今回は非日常チックで不可思議な話ばかりなので、爽快感はないし満足感も無し。
どうにもキャラ物として読んでるわけなので、主要人物たちがドタバタしてくれないとマリみてと思えない。でも、この世界がまだまだ終わりそうじゃない、という一点にだけ敬意を表す。
213冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)