がいでん

『ソードアート・オンライン 2 アインクラッド』川原礫
一巻であっさり終わった本編を遡ってお送りする、キリト先生の無自覚的スケコマシ伝説を大量に含む短編集。
非常に面白いのだが一個目と二個目の展開が途中まで殆ど同じ感じだったのがちと残念・・・と思いきや、全部を読み終えてから考えるとそれすら一応伏線的な作り方だったんだなあというのが理解できたり。
これもう一回本編読まなきゃだよなあ。
一度でもMMORPGに没頭したことがある人ならなんとなく共感できるはず。
240冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)