『バカとテストと召還獣6.5』井上堅二
女装祭り。最後の一編を除き、完全にギャグに特化した構成であるところの短編集。8冊目だというのに勢い衰えることなく、電車内で読むのは非常にリスキーであった。学園を出たところでどうみても美少女にしか見えない秀吉に、合掌。
255冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆★)