びみょーぎみ

『九つの殺人メルヘン』鯨統一郎
淡々と起承転結が同一の違う事件を毎度違った切り口で9篇。最後の最後にどんでん返し、というかまあ超展開が。とはいえ一気に読んでるうちに飽きがきたけど。
291冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)