ふるい

『旧怪談』京極夏彦
興味深い作品だが淡々とし過ぎていてわかりやい刺激を求める読者には不向き。
291冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆)