にさつ

傷物語西尾維新
こよみヴァンプ
爆笑ポイントの全てに羽川と下着が関わってることを除けば、化物語に比べるとシリアスな部分が多い。
というかまあこのイベントを経た後のありゃりゃぎさんが語り部するのが前作であり続編であるところの化物語なのだからそれも当然か。怪異との関わりが化物語の非じゃない、というか主人公が怪異そのものなんだから。
294冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆★)

『植物図鑑』有川浩
タイトルそのまんまの内容であるとともに、いつもどおり若い恋人たちのイチャラブ物語であり、尚且つ貪欲なまでの食欲と狩りの本能を満たす物語でもある。とにかくこの作者は自分の好きなものを物語として調理するのが非常に美味く、登場人物たちが生き生きと生活している様が目に浮かぶような表現に非常に好感がもてる。
295冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)