かぞく

『偽物語(下)』西尾維新
終わってみると、ただの仲良し兄妹のお話。薄いシナリオを豊富な言葉遊びで肥大化させたキャラ小説でしかない、ともいえるがそんな御託はどうでもいいほど面白い。書いたほうも趣味全開なら読者もそうあるべきだろう。
305冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆★)