つみとばつ

『カスタム・チャイルド 罪と罰壁井ユカコ
視点がコロコロ変わる文体は非常に入り込みづらいものの、設定や個々のキャラ描写なんかは逸品。救いようの無い世界観を淡々と描く、相変わらず容赦の無い作風が素敵すぎる。無印の方はすでに内容忘れてしまってるのでいつか再読しておこう。
341冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)