にさつ

陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼』渡瀬草一郎
なんか違和感あると思えば主人公がちがったのか。平安時代の京の都を舞台とした陰陽師達の物語。起承転結どんでん返しに富んでおり、一冊で綺麗に終わらせてる。非常に上質な一冊。
15冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

『[映]アムリタ』野崎まど
他にも似た感想持ってる人大量にいるだろうけれど、読んでる間常に西尾維新作品を読んでるかのような既視感に囚われ続ける。構成も好きだしとんでもないオチも素晴らしいし、その他もろもろ、すべての要素が面白かったのだが、それはなんか西尾維新が好きな俺だから好きなのかなー、みたいな思いが。
16冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆☆)