くーでたー

ガンパレード・マーチ逆襲の刻 東京動乱』榊涼介
シリーズ初、幻獣との戦闘が事実上一切ない、文字通り首都東京を舞台とした内乱の顛末。自軍同士での戦い、ということで普段と違うストレスが読んである間じゅう襲い来る。もはや主人公は5121小隊だけではない、というのは榊ガンパレ開闢の時からだが、今回はそれが顕著。
35冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)