読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うえ

『天海の秘宝(上)』夢枕獏
いつもどおりの夢枕獏。とはいえこの時代を扱ったの読むのは初めてか。なんとなく歴史的ミステリを交えてるようでいて、実のところ現状まだそれほど面白さの本質とは関係ない感じ。脇道脇道にそれまくりつつ本編が淡々と進んでいる感じ。どうなるのやら。
160冊目(☆☆☆☆☆☆☆☆★)